早安日語進階教材下學日文第247講學習筆記

附上以前的學習筆記,早安日語進階教材(下),範圍是第206-331講




可搭配書籍
第001-114講請買
日本語(淡江大學核心日文教材)
https://24zz.com/b.htm?0010010237
中文書 , 淡江大學外語學院日本語文學系 , 致良 , 出版日期: 1998-10-15
優惠價: 79 折, 174 元 放入購物車 試閱
本書乃專為淡江大學「核心日文」學習者所設計之教本,也是國立教育廣播電台「早安日語」的初級日語指定教材。除課堂學習外,亦可利用各課之「練習」自修。全書共二十課,以「文型」為主軸,涵蓋初級... more

第115-205講請買早安日語進階教材(上)
https://24zz.com/b.htm?0010220332
中文書 , 佐伯真代   致良日語工作室 , 致良 , 出版日期: 2003-03-15
優惠價: 79 折, 198 元 放入購物車
課文內容以日本的節慶、生活中的事件為主題,讓讀者藉由會話及短文,學習日語句型的用法、認識日本文化以及台灣文化的差異,並搭配文法、會話、聽解等練習,加強學習效果。... more



第206-331講請買早安日語進階教材(下)
https://24zz.com/b.htm?0010240311
中文書 , 佐伯真代,致良日語工作室 , 致良 , 出版日期: 2003-11-05
優惠價: 79 折, 237 元 放入購物車
課文內容以日本的節慶、生活中的事件為主題,讓讀者藉由會話及短文,學習日語句型的用法、認識日本文化以及台灣文化的差異,並搭配文法、會話、聽解等練習,加強學習效果。另售書加3片CD,可由讀者自行練習,以增強聽力及熟悉日語發音。...... more

第115-205講請買早安日語進階教材(上)(書+3CD)
https://24zz.com/b.htm?0010250642
中文書 , 佐伯真代   致良日語工作室 , 致良 , 出版日期: 2003-03-15
優惠價: 79 折, 553 元 放入購物車
課文內容以日本的節慶、生活中的事件為主題,讓讀者藉由會話及短文,學習日語句型的用法、認識日本文化以及台灣文化的差異,並搭配文法、會話、聽解等練習,加強學習效果。另外還附上3片CD,可由讀者自行練習,以增強聽力及熟悉日語發音。...... more

第206-331講請買早安日語進階教材(下)(書+CD)
https://24zz.com/b.htm?0010240308
中文書 , 佐伯真代,致良日語工作室 , 致良 , 出版日期: 2003-11-05
優惠價: 79 折, 593 元 放入購物車
課文內容以日本的節慶、生活中的事件為主題,讓讀者藉由會話及短文,學習日語句型的用法、認識日本文化以及台灣文化的差異,並搭配文法、會話、聽解等練習,加強學習效果。另外還附上3片CD,可由讀者自行練習,以增強聽力及熟悉日語發音。...... more




上課筆記
第17課 たぬき

【會話】

男:あっ、危ない!
女:何ですか、今の動物は。
男:狸ですよ。
女:あれが狸なんですか。アニメでみたことがありますが、本物は初めて見ました。
男:ほら、あの標識に狸橫斷注意って書いてあるでしょう。この辺には、野生の狸が住んでいて、道路を渡ること
     があるから、ドライバーに注意を呼びかけているんです。
女:面白い標識ですね、狸の絵まで描いてありますね。
男:台灣には狸がいるんですか。
女:さあ、どうでしょう。あまり話題になりませんから、よく分かりません。
男:狸は日本人にとって、昔から狐と同じように身近な動物なんです。昔話では、いろいろなものに化けて、人間
     をからかいます。でも、まぬけで直ぐに失敗してしまうんです。
女:ユーモラスな動物なんですね。
男:ええ、でも今は野生の狸が減っているそうです。
女:自然破壊のせいで、野生動物が減少しているのはどこでも同じですね。

1.「本物」實物,真的東西
2.「~って」口語用,相當於という。
3.「渡る」自動詞、前面的「を」表示移動範圍
4.「まで」程度,「連什麼」
5.「化ける」變化成,喬裝成
6.「からかう」捉弄人
7.「まぬけで」有點笨
8.「~せいで」都是因為。。。(不好的原因);「~お陰で」托您的福,多虧了。。。(好的原因),
    例:自然のお陰で、動物が生き殘った。
    但也會用於不好的情況下,表示諷刺。

【よみもの】 

    昔々、ある村の近くの野原で、一匹のたぬきが遊んでいると、若者がそばを通りかかりました。驚いたたぬきは、あわてて木の葉を額に當て、くるりと宙返りをして、黒くて丸い鉄の茶釜に化けました。若者は茶釜を見つけると、「これは立派な茶釜だ。」と言い、村へ持ち帰って、寺の和尚さんにあげました。和尚さんはさっそく茶釜でお湯を沸かして、お茶を飲もうと思いました。そこで、小僧さんに川で洗わせました。小僧さんが茶釜をたわしでごしごしこすりましたから、たぬきは「これは痛くてたまらない」と思いました。

    思わず、「もっとそっと洗え。」といいました。小僧さんは不思議に思いましたが、あたりには誰もいないので、茶釜を抱えて帰りました。小僧さんが寺に戻ると、和尚さんは茶釜に水を入れ、火にかけました。ぶんぶく、ぶんぶく、ぶんぶく……お湯が沸いてきました。すると、急に茶釜が暴れだし、「熱くてたまらないぞ。」と言って、火の上から飛び降りたのです。そして、茶釜からたぬきの頭が出ると、腳もしっぽも出てきて、「熱いぞ。」と叫びながら、部屋中を駆け回りました。みなが驚いているうちに、茶釜はもとのたぬきの姿になって、山の方に逃げていってしまいました。
喜歡這篇文章的話!
往右滑或按下右鍵閱讀下一篇文章! 或是幫忙按一下讚鼓勵吧!